お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

HOME > サポートスタッフ紹介

サポートスタッフ紹介 -Staff Profile-

杉山勝

印象に残っているご相談は? サポートさせていただいた方からの解体後にいただいたお言葉です。

「家を壊す」のはどの業者でも同じだと思っていました。また、解体業者さんは「荒っぽい人」ばっかりという印象でした。しかし、近所で以前解体したのと今回ご紹介いただき依頼した業者さんを比べると、人柄や工事の仕方など全てにおいてビックリしました。

ひとこと 残念なことではありますが、一般の方から少しでも高い(法外な)金額の見積りを出したり、何か理由を付けて追加請求するような解体業者がまだまだ多く存在します。しかし、少数ではありますがお客様の立場で、安い(適正な)金額で、丁寧な解体工事をする業者さんもあります。私達は普通ではなかなか出会えない良い解体業者さんとご相談者さまとの橋渡しとなり、ご相談者さまのサポートをさせていただくことが最も大切な使命と考えています。お困りの際は何かのお役に立てると思いますのでご相談下さい。

⇒スタッフブログ

池貝充隆

印象に残っているご相談は? 個別の案件では言い表わせません。たくさんありすぎて・・。
そのかわり、嬉しかったお言葉をいくつか。

「さすが解体サポートさんが厳選した業者さんですね。素晴らしかったです。」
「あとは池貝さんに全部任せたからよろしく。いい業者さんを紹介して下さいね!」
「5年前にご相談した○○です。今度は実家の解体があるのでまたサポートをお願いします。」

ひとこと 解体工事とは人生でもそう多く経験をする工事ではないです。ですので、知識の少ない一般の方が「知らなかったから損をした」という事や「悪徳業者に騙された」という思いをしていただきたくないという事が根本の理念です。今まで数多くのご相談で培ってきた経験を元に、一人でも多くの方に「ありがとう」のお言葉をいただけるように、誠心誠意ご相談をお受けしております。

⇒スタッフブログ

◎リクルート「SUUMOジャーナル」内の記事「どうやって依頼する? いくらかかる? 家の『解体』事情」にて、池貝が取材協力をいたしました。

◎「葬儀後と葬儀の情報サイト エンディングパーク」サイト内の団体紹介のページに、池貝が「エンディングパーク推薦専門家」として掲載されました。

向山達郎

印象に残っているご相談は? ご相談をお受けした案件はそれぞれに思い入れはありますが、特に印象に残っているのは、解体サポートからご紹介させていただいた業者さんの見積りが他のところよりも少し高くなってしまったことがあったのですが、ご相談者の方からは現地を見てもらったときの対応などが素晴らしかったので、ぜひお願いしたいとおっしゃっていただけたことです。このときは本当にうれしかったですね。

ひとこと 仕事をするうえで大切にしている言葉のひとつに「初心忘るべからず」があります。 私がこの仕事を志したきっかけは、ご相談者の方と解体業者さんの橋渡しを担うことによって、少しでも解体でお困りになっている方のお役に立ちたいという思いからです。
お問い合わせ内容は千差万別ですが、初心を忘れることなくご相談者の立場を考えて、親身な対応を心がけていきます。

⇒スタッフブログ

西沢哲也

印象に残っているご相談は? 解体工事がすべて終了したあるご相談者の方から「最後までありがとう」と言って頂いたことです。
心の底から「よかった」と、喜びと安堵の両方を味わいました。田舎で生活されている年配の男性の方でしたが、話し方が私の田舎(徳島県)の方言とどこか似ていて、懐かしい気分にもなったのを覚えています。息子さんより歳の若い私を信頼してくださり、最後は「がんばれよ」と励ましの言葉まで頂きました。

ひとこと 「空き家」と言葉では簡単に言うことはできますが、どの家屋にもかつては人が生活し、会話や温もりが存在していたのです。
生まれ育った人、大人になって念願のマイホームを購入した人。そこで生活してきたそれぞれの人にとって、想い出がつまった家屋との別れは淋しいものに違いありません。そんな大切な場所との最後の日まで真剣に向き合いサポートいたします。

⇒スタッフブログ

長瀬麻衣

ひとこと 解体工事について右も左も分からないまま解体サポートに飛び込んで、半年以上が経ちました。
入社当初は「お話を伺うことでご相談者様の不安を少しでも軽減しよう」と躍起になり、多少焦っていた時期もありましたが、ご相談者様それぞれがお持ちの“本当に気になること”を察知し、そこに焦点を絞ったお答えをすることで“いい意味で簡単に心のつかえを取ることや緊張をほぐすことができた”といった経験を何度かいたしました。
そして、ただ知識を並べるよりも、求められる答えを一つずつ解決していくことで不安は解消されていくのだと気付いてからは、よりご相談者様に近い立場を生かして「聞きにくいことも気軽に尋ねられる、親しみやすい相談相手」となれるよう心掛けております。
サポートスタッフとなってまだ日は浅いのですが、今も新しい発見がたくさんあります。
それらを見過ごさずにしっかり吸収し、よりご安心いただけるサポートができるよう精進してまいります。

⇒スタッフブログ
ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)